So-net無料ブログ作成

なぜなら彼等がいなければ我々人間がいないからです。 [健康]

ビフィズス菌とかいい菌はいいとして?人を苦しめる系の菌やウイルス達?
存在しなかったらとか気にしないで普通に外出できるのに?
去年妊娠中ににかかったのがトラウマで?今年はちょっとしたお出かけでも敏感になってしまっています?
あとなぜ寒い季節になると病気が流行るんですか?もう毎年冬がくるのが嫌でたまりません?
細菌やウィルスは進化の道筋を辿る上で大切なもので、原初の地球で誕生した始めての生物に非常に近い存在です。
彼等に明確な意思は確認されていません。自己の祖先を増やすという側面において一見合目的的な変異などが起こっているように思えますが、適者生存の原理で多くの突然変異体の中から適したモノが生き残ったに過ぎません。
彼等の方が地球上に先に存在していた以上何故いるのかという質問には明確に答え兼ねます。なぜなら彼等がいなければ我々人間がいないからです。
また、ビフィズス菌や納豆菌などは人間の利用に都合のいい菌で、それ以外のインフルエンザなどは悪のように語られる事が多いですが、決してそうではないです。それぞれのウィルス、細菌が土の中だったり、沼の中、温泉、海底火山などその個体にとって住みやすい環境で増殖していますが、インフルエンザなどはたまたまそれが人間やその他動物の体であったに過ぎません。我々にとってははた迷惑な話なんですけどね。
寒い季節に風邪など多い理由ですが、一つに先ずは乾燥です。ウィルスや細菌等の感染経路の一つに飛沫感染がありますが、乾燥している場所の方がくしゃみした時の唾液等の飛散距離や滞空時間が増えるためです。またノロウィルスは床などに着いた状態から乾燥し粉末状になり浮遊できるようでそれも感染の原因になります。ちょうど砂埃が雨の日より晴れの日で舞い上がりやすいのと同じ理屈です。
次に免疫力です。案外人間の体温を維持するにはエネルギーが必要で特に冬場周りが寒いと夏場に比べて多くのエネルギーが必要です。つまり冬場は生きてるだけで夏場より多くのエネルギーを使います。このエネルギー需要増加のせいで体が疲れると免疫力が低下し今まで感染しても無症状だったものに感染しても熱が出たり重症化しやすくなるからです。
威哥王
巨人倍増


nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。